FC2ブログ

Sports Whip Association Japan

日本スポーツウィップ協会

ムチを手にしたサンタさん

今日は少し心温まるスイスのムチにまつわる話題から
何かとムチにまつわる伝統行事が多いスイスなのですが
これもその中の一つ



12月6日は聖ニコラウスの日
今日はサンタがやってくる日なのです

日本ではクリスマスにサンタがやって来るのに、ここ
スイスでは12月6日

ちゃんと12月25日にこれとは別にクリスマスがあるん
ですよ(でもそれはキリストの日)

しかも、もっと驚くことに、サンタは悪い子を懲らしめる
ため手にはムチを持ち、シュムッツリと呼ばれる乞食のよ
うなお供を従えロバに乗ってやって来ます

私たちの知るサンタクロースのお話とはかなり違います

スイスでは12月6日の聖ニコラスの日にターキー(トルコ)
の方から森を越えてやってくるイベントとして伝わってるのが
一般的らしいです
私の住むここバーゼルでは3国が面する国境の街である
ことからそれらとも少し違い、ドイツの森からサンタがやっ
てくるというお話しになってます

服装は日本と変わらず白いひげに赤いフード付きのガウン
白い大きな袋と、なぜかムチ

でも、ここのサンタは子供たち皆に公平にプレゼントを与
えるなんて優しくはありません

子供達がこの1年間、良い子だったか、悪い子だったかを
見定め、良い子には小さめのミカンとナッツをプレゼント
悪い子にはお供の乞食がムチでお仕置きします

これだけでも日本に比べると、子供たちには少しかわいそ
うな気もするのですが、私の住むバーゼルのサンタは更に
厳しくこんなものでは収まりません、、、

なんと、悪い子は白い袋に詰めに森へ連れて行ってムチで
お仕置きし、そのまま森に捨ててくるらしいです
この時期が近づくと、泣き止まない子に親が「良い子にし
ていないとサンタが迎えに来るよ」と叱っている光景を
町中で多く目にします

サンタの日 人型パン

お話のこの部分だけ聞くと怖い気もしますが、実際には子
供を袋に入れたりムチでお仕置きする事はなく
人型のレーズン入りパン、ミカン、ナッツ、チョコレートなど
を街で購入しそれを家に持ち帰り家族皆で仲良く食べ
サンタの日を祝うというイベントなのです

サンタの日 みかんとピーナッツ

記事: Dio Kobayashi
スポンサーサイト

PageTop